伊平板金工業所 > 事業内容 > 屋根工事 > はぜ締め折板SV-6型(瓦棒葺改修工法)

はぜ締め折板SV-6型(瓦棒改修工法)

〜経済的な はぜ締め折板屋根、アーチ成型も可能〜

製品名 メーカー 詳細情報(仕様/価格等)・最新情報
はぜ締め折板SV-6型(瓦棒改修工法) 株式会社 セキノ興産 問合せ先  セキノ興産販売ネットワーク
屋根:SV-6型<瓦棒葺改修工法>

■改修にも最適

瓦棒屋根などの葺替改修にも最適です。

■美しい屋根

低い山高とワイドな底巾により、優美な屋根を演出。

●締結部

SV-1型締結部

●断面性能(参考)

板厚 単位重量 断面2次モーメント 断面係数
mm /m² lx(cm^4/m) Zx(cm³/m)
正圧 負圧 正圧 負圧
0.4 3.54 5.5 2.5 1.5 0.7

※性能値はJISA6514の耐力性能試験結果より算出したものです。
※1kN=1000/9.80665kgf

●断面形状

SV-6型断面形状

母屋間隔については取付けビスなども含め、平板葺仕様に準じます。

●設計参考仕様

使用原板厚 0.4mm
使用原板巾 501(300・364・455)mm
働き巾 418(300・364・455)mm
m²当り必要m数 2.39m
屋根勾配 3/100以上可能
自然曲げ半径 サザ波入り10m以上
断熱材 オプション

※屋根30分耐火

  • 硬質木片セメント板 FP030RF-9082
  • 高圧木毛セメント板 FP030RF-9037

●許容スパン値(正圧)

  連続梁0.4mm 単純梁0.4mm 片持梁0.4mm
正圧 負圧 正圧 負圧 正圧 負圧
980N 100kgf 1.43 0.96 1.28 0.86 0.32 0.22
1960N 200kgf 1.01 0.68 0.90 0.61 0.23 0.15
2940N 300kgf 0.82 0.56 0.74 0.50 0.18 0.12
3920N 400kgf 0.71 0.48 0.64 0.43 0.16 0.11
4900N 500kgf 0.64 0.43 0.57 0.38 0.14 0.10
5880N 600kgf 0.58 0.39 0.52 0.35 0.13 0.09
※1kgf/m²=9.80665N/m²

●許容スパン値(参考)

許容スパン(正圧) 許容スパン(負圧)

※許容スパン長さは、山高の25倍以内でご検討下さい。

※樋の折板のはね出しは、山高の5〜7倍以内でご検討下さい。また、根元に樋落し口を設ける場合は軒出しを短くして下さい。

※片持梁の許容スパン長さは、断面性能の25%にて計算しています。